いろいろな薬が生まれたことによる影響

gf0780078654l数年前の薬事法の改正に伴い、薬剤師不足が起こっている。そのため大々的な薬剤師求人の必要性が出てきている。

 

以前は、院内院外の薬局でしか医薬品を扱うことができなかったため薬剤師求人の必要性はそれほど高くなかった。しかし、ドラックストアでも医薬品を扱えるようになり状況が変わっている。ドラックストアにも薬剤師が必要になってきたからである。一方、従来からの医薬品調合ミスを抑止するため薬剤師になるための修士課程が変更になっている。多くの薬科大学では4年制から6年制に変更し、よりレベルの高い薬剤師を輩出している。その代わり薬剤師の成り手が減少し、薬剤師になるための時間が増えている。そういった需要と供給のバランスが若干狂ってきたことから薬剤師求人の必要性が増してきているといえよう。さらに医療費における患者負担が増加しており、市町村役場での医療負担額が増してきている。国では、その対応に着手するためジェネリック医療薬の推進を図っている。ジェネリック医療薬は、従来の医療薬よりも安価である代わりに効き目が異なっている。

 

 

医師の意識改革が必要になるが薬剤師もジェネリック医療薬への対応が必要だ。従来の医療薬とジェネリック医療薬とで大枠に見た同じ効き目の薬が存在するからである。それにより薬の種類と数が増大し、より広範囲な知識が必要となっている。こうしたことから優秀な薬剤師が求められており、これからはもっと求人の必要性が出てくるだろうと思われる。

コメントは受け付けていません。